駆け出し脚本家の映画レビュー

鬼のように映画を分析していきます。

【雑記】ボクシングはずるい

いろいろな映画やドラマを見て最近常々思ってることです。

雑記です。

 

ボクシングはずるいです。

決してボクシングというスポーツをけなしているわけではないです。

むしろ逆で、凄すぎるんです。映画やドラマといった観点から言って、凄すぎて、ずるいんです。

 

 

◎ボクシングのズルさ

 

 

安藤サクラさん主演の「百円の恋」などを見れば分かる通り、ボクシング映画の主人公は基本的に”くそやろう”です。家族にも迷惑をかけ、生きてるのか生きてないのか自分でもよくわからないような生活をしていて、貯まるのはお腹の贅肉ばかりのくそやろう。

あるいは気に入らない人間たちを全て暴力によって支配してきたようなくそやろう。

たまにその腕っ節を買われて借金の回収なんていうヤクザまがいのことをしちゃうくそやろう。

お酒大好きくそやろう。

 

そんなくそやろうが、ボクシングという競技に本気で打ち込み、汗と涙を流しながら死ぬ気でロードワークをし、歯を食いしばりながら腹筋をし、スパーリングをし、自分の身体を鍛え抜いていく。

そして気づけばお腹も引き締まり、顔も精悍になってみんなの応援を受けながら試合に臨み、明らかに自分より格上のヤツに挑んでいく…。

 

なんですかこれ!!!

 

映画とかドラマを観ている時に「面白い」って思う瞬間って、主人公が困ったり、苦しんでいる時だと思うんですよ。主人公が敵にやられてたら、「がんばれ!」って応援したくなったりしますよね。「負けちゃうのかな」って不安になったりしますよね。もうその瞬間に僕らはその作品に夢中になっていて、意識的か無意識的かはわからないですが「面白い」と思っているわけです。

それをボクシングに当てはめてみると、ボクシングを始めるきっかけも周りの親しい人からの罵倒だったりしてきついわ、たるみきった身体に鞭打つ筋トレはきついわ、他のボクサーが平然とこなしてるトレーニングはきついわ、めちゃくちゃ練習してきたのに自分の相手はめっちゃ強いわでもう苦しみまくるわけです。渾身の左ストレートが決まったと思ったら全然効いてなくて、カウンターくらわせられちゃうとかザラにあるわけです。なんじゃこりゃ!

いっぱい練習して、強くなって、成長して…。

 

それでも勝てないなんて、泣いちゃうだろうが!!!!

(勝ったら勝ったでそれは泣いちゃうけど!!!!) 

 

 

もやもや思ってたことをぶわあっと文字にしただけなのでまとまりがなくて心配なのですが、言いたいことは一つ。

 

ボクシング、ずるい…泣いちゃうだろうが…!

 

 

 

 

百円の恋 [DVD]

百円の恋 [DVD]

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

【観なきゃ損!】2017年100作以上の映画を観た僕がオススメする絶対に観るべき映画7選

2017年に入ってから100作以上の映画を観てきた僕が自信を持ってオススメする映画7選です。好きな俳優や好きな監督などで作品が偏ってしまわぬよう、いろいろなジャンルのものを選びました。

個人的に長めの映画があまり好きではないため、時間的にもどれも気軽に見られるのでオススメです。

 

ではどうぞ!

 

 

 

 【1】ビッグ

 

1988年製作。トム・ハンクス主演のコメディ映画です。アカデミー賞にノミネートされ、彼はこの映画で初めてゴールデン・グローブ賞を受賞しました。彼の演技の凄さを大衆が初めて認識した映画と言っても過言ではありません。終始笑い転げ、気づけばほろりと涙がこぼれそうになっている、不思議な魅力のある作品。(上映時間102分) 

【簡単なあらすじ】

主人公のジョッシュは中学生、思春期真っ盛りの男の子。当然好きな女の子もいるのだが、彼女には背も高くて大人っぽいボーイフレンドがいた!「僕も早く大人になりたい…!」ジョッシュの願いはひょんなことから本当に叶ってしまい、彼は突然大人の身体を手にいれる。お母さんから家を追い出された彼は、初めての一人暮らし、初めての就職、初めての大人の恋、様々なことを経験していくのだった。身体は大人、頭脳は子供…なジョッシュの不思議な生活がいま、幕を開ける!

 

 

  

【2】ゴースト/ニューヨークの幻

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [DVD]

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [DVD]

 

 

1990年製作。パトリック・スウェイジデミ・ムーアが主演の恋愛映画です。ミュージカルとして2011年にブロードウェイにも進出した作品です。デミ・ムーアはこの作品で、ゴールデングローブ賞(主演女優賞)を受賞しています。ただの恋愛映画と思うことなかれ。時に泣き、時に笑い、時に恐怖を感じさせる、他に類を見ないほど喜怒哀楽を喚起させる魅力的な映画です。(上映時間128分)

【簡単なあらすじ】

主人公のサム・ウィートは銀行員として働き、恋人のモリーと新居での同棲も始め、幸せの絶頂にいた。だがあるデート帰り、2人は暴漢に襲われ、サムは命を落としてしまう。恋人を失った悲しみから完全に落ち込んでしまうモリー。どうすることもできず、幽霊として彼女を見つめるしかないサム。そんな不幸な2人の元に、再び暴漢が襲いかかる。物を触れず、人も殴れず、声も届けられないサムはモリーを守りきることができるのか。そして暴漢の目的とは…!

 

 

 

【3】最強のふたり

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]
 

 

2011年製作。フランソワ・クリュゼとオマール・シーが主演のハート・ウォーミング系のフランス映画です。第24回東京国際映画祭、第37回セザール賞フランス映画祭観客賞、第36回日本アカデミー賞など名だたる賞を総なめにしており、日本で公開されたフランス語映画では歴代1位を記録した”最強の映画”です。この映画のすごいところは実話を元にして作られたというところで、映画の最後にはモデルとなった2人の映像も流れます。

【簡単なあらすじ】

富豪のフィリップは全身麻痺で首から下を動かせず、一人ではベッドから起き上がることもできない。そこで新しい介護ヘルパーを雇おうとしたところ、全く働く気もなく、大雑把なドリーが現れた。周囲が反対する中フィリップは他の介護経験のある就職希望者ではなくドリーを雇うことにするのだが、そこから、白人で富豪のフィリップと黒人の貧困層であるドリーの間に奇妙な友情が芽生え始める。

ドリー「(熱いお茶をフィリップにぶっかけて)マジで何も感じないの?!」

 

 

 

【4】容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

 

 

2005年に発行された東野圭吾推理小説を元に2008年に公開された日本映画。『ガリレオ』の劇場版として製作されたものですが、同作を観ていなくても全く問題なく楽しめます(事実僕もこの映画を観てからガリレオにハマりました笑)。福山雅治さん、堤真一さん、松雪泰子さんを中心にストーリーが展開していきます。見終わって初めてこのタイトルの意味がわかり、このような形の愛もあるのかと深く考えさせられます。あまりの人気から韓国、中国でもリメイクされています。(上映時間128分)

【簡単なあらすじ】

娘と2人で弁当屋を経営していた花岡康子は別れた夫に金をせびられ、娘とともに突発的に元夫を殺してしまう。2人が我に返って呆然としていると、そこに隣人であり天才数学者の石神が現れ、天才的な頭脳で事件を隠蔽しようとする。ただの殺人事件だと思っていたものに大学時代の旧友が絡んでいるということに興味をもった物理学者の湯川は事件の真相を解明するべく動きだすのだが…。

 

 

 

【5】ソラニン

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

 

 

浅野いにおさん作の漫画を実写化した、2010年製作の映画です。宮崎あおいさん、高良健吾さん、桐谷健太さんなど、今をときめく名俳優が数多く登場し、夢を追うことを現実の厳しさの狭間でもがく20代の若者たちの苦悩と青春を苦しいくらいにリアルに表した作品です。僕の心には突き刺さりまくりました…。ASIAN KUNG-FU GENERATIONが主題歌を歌っているのも有名で、彼らが作った歌を熱唱する宮崎あおいさんの姿は必見です。(上映時間126分)

【簡単なあらすじ】

主人公の井上芽衣子はOL。大学の音楽サークルの後輩で、現在フリーターの種田成男と同棲している。失敗するのが怖くて本気で音楽活動に打ち込めない種田にぶつかりながらも応援し、本気にさせることに成功するのだが、そこから2人の運命は思わぬ方向へ向かって行く…。

「あの時こうしていれば あの日に戻れれば あの頃の僕にはもう 戻れないよ」

 

 

 

【6】キサラギ

 

リーガル・ハイの脚本も担当した古沢良太さんオリジナル脚本の作品で、2007年に製作されました。小栗旬さん、ユースケ・サンタマリアさん、小出恵介さん、ドランクドラゴン塚地さん、香川照之さんが登場する、これまた豪華すぎるキャスティングのコメディ映画です(男しか出ません!笑)。舞台が一つの部屋の中という、まるで舞台を見ているような錯覚をさせる不思議な映画です。痴漢冤罪を描いた映画『それでもボクはやってない』を凌ぎ、第50回ブルーリボン賞・作品賞を受賞しています。(上映時間108分)

【簡単なあらすじ】

地下アイドルの如月ミキが謎の死を迎えて1年、彼女の熱烈なファンたちはネット掲示板を使い、「如月ミキ一周忌追悼会」と称して一つの部屋に集まった。だが主催者である家元(演:小栗旬)は如月ミキの死が他殺事件であると考え、この会の出席者の中に殺人犯がいると密かに考えていた。果たして家元の推理は正しいのか、そして如月ミキの死の真相とは…!

 

  

 

【7】GO

GO [DVD]

GO [DVD]

 

 

直木賞を受賞された金城一紀さん著の小説を宮藤官九郎さんが脚本に落とし込み、2001年に映画化された作品です。主演:窪塚洋介さん、柴咲コウさんで、行定勲さんが監督を務めました。見た目は日本人と同じなのに、名前だけで差別される在日韓国人の主人公の恋愛、それに伴う苦悩と成長を描いた作品で、第25回日本アカデミー賞で優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀助演男優賞、最優秀脚本賞…などありとあらゆる部門の賞を獲得しています。(上映時間122分)

【簡単なあらすじ】

在日韓国人の杉原(演:窪塚洋介)はプロボクサーの父親から習ったボクシングで毎日喧嘩や悪さを働いていた。そんな時、友人が主催した盛大なパーティで桜井(演:柴咲コウ)に出会う。デートを重ね、少しづつ親密になっていく2人であったが、朝鮮学校時代の友人のジョンイルがある事件に巻き込まれたことを機に、2人の関係は危ういものになっていく。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

2017年上半期の中で僕がオススメする映画7選でした。有名すぎる映画もありますが、それでももし観たことがない映画があればぜひご覧になってくださいね。幸せな2時間になること、間違いなしです!

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

【★4】たそがれ清兵衛【恋愛時代劇】

2002年に公開された、真田広之さん、宮沢りえさん主演の映画です。

監督は山田洋次さんです。

タイトルからわかる通り、幕末時代劇になっています。

タイトルからわからないことは、恋愛映画だということです。

第26回アカデミー賞受賞作品です。

続きを読む

【★4】ミッドナイト・ラン【賞金稼ぎ&賞金首】

ミッドナイト・ラン。

一言で言うとすごく笑っちゃう映画です。

1988年に製作されたロバート・デ・ニーロ主演のアメリカ映画です。

作品全体の時間も126分と程よい長さなので、なんかやることないけど笑いたいと思った時におすすめです。笑える映画なのでゆるゆる書いていきます。

続きを読む

【★4】ゼロの焦点【元祖推理物】

1961年に公開された、推理映画です。

原作は松本清張の小説。2009年にも映画化がされている作品です。

続きを読む

【★2】ゴッド・ファーザー【うーん…】

かの有名なゴッド・ファーザーを見ました。
結論から言うと自分には面白く感じられませんでした。 
でもそう感じたのには何かしらの理由があると思うので、頭を整理しながら書いていきたいと思います。





※ネタバレ注意






【 簡単なストーリー】
①大物マフィアのお父ちゃんがマフィア界を牛耳ってた。
②お父ちゃんが倒れちゃってマフィア界で争いが勃発。お兄ちゃんもやられる。
③マフィアの世界に絶対進みたくないと思ってた末っ子が悩んだ挙句お父ちゃんの跡を継ぐ。







○なぜ面白くないか


①キャラが多すぎてついていけない

キャラがすごくたくさんいます。大物マフィアのお父ちゃんには3人の息子がいて、娘もいて、娘の夫もいて、なんかしもべみたいなやつもいて、マフィア界のボスたちも7人くらいいて、映画俳優がいて、映画監督がいて、もう誰が誰だかわかりません。しかもキャラの名前も○○コルレオーネとかなので、一人一人の名前を瞬時に理解することができません。お父ちゃんが、「黒幕はアイツだ」みたいなことを言うシーンがあるのですが、「誰だっけそいつ…あ、あいつか!」と理解した時にはストーリーはどんどん進んで行っています。そして殺されています。僕自身がそもそもドメスティックな人間で、カタカナを覚えるのが苦手というのもあるかもしれませんが、それにしてもキャラクターが多すぎてどうにもついていけませんでした。



②殺し方が単調

車に乗ったら後部座席にいたやつに殺されたり、なんか予想できる殺し方・殺され方が多く、意外性を全く感じませんでした。


③何かを予感させるのになにもない

例えば末っ子が潜伏先の村で、ある女の子に出会います。末っ子はその女の子をじーっと見つめて固まってしまうのですが、僕はこの時こう思いました。
「この反応は、どこかでこの女の子と出会ったことがあるのだろう…ストーリーが大きく展開するに違いない」
でも実際は、末っ子は一目惚れしてその女の子と結婚したくなってただけでした。しかもなんの障害もなくすいすいと結婚し、挙げ句の果てにはその女の子は爆発しました。なんやねん。


④みんな笑わない

マフィアだからかもしれませんが、キャラクターが笑っているシーンを一つも思い出せませんでした。ずっと眉をしかめて、グラス片手に、交渉をしている…。僕はバカなので、ポーカーフェイスのキャラクターの表情の裏に隠された意図とかを読み取れず、感情移入がうまくできませんでした。
(ただ、末っ子がとうとうマフィアの世界に足を踏み入れたことを知ったお父ちゃんの、あのやるせない表情には心をぐっと掴まれました)


⑤長い

この映画が2時間とかだったらまだよかったでしょう。でも3時間もあるんです。3時間もついていけないストーリーに付き合わされて、まるで拷問を受けているような気分になりました。





○とは言ってもたぶん名作

僕にはこの映画の良さはイマイチよくわかりませんでした。キャラは多くてストーリーについていけないし、長いし、爆発するし。平成生まれの僕が現代の映画やドラマなどに慣れてしまったことも大いに関係している気がします。あとはその土地特有の文化などを理解していないということも僕のこの映画への理解の妨げになっていたのかもしれません。
でも間違いなく名作ではあると思います。『ゴッド・ファーザー』は現在僕らが慣れ親しんでいる”マフィア物”という映画やドラマのジャンルを確立した映画だからです。今までじゃがいもやたまねぎやニンジンしかカレーの具に入れてなかったのに、「これどう?」ってアボカドを入れるみたいな革命的なことをした映画なんです。そういう意味では、この映画が公開された時代に、リアルタイムで鑑賞してみたかったなと感じさせる映画でもありました。






【思ったこと】
 キャラが多すぎると話についていけない。
映画は”2時間”がいい。
個人的に表情豊かなキャラクターの方が人間味あって感情移入できて好き。オードリー・ヘプバーンが好き。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

【★2】戦場にかける橋

日本人の捕虜になった英国軍人が橋建設をおこなうも、別の英国軍人がその橋の爆破を命じられる話・・・
とくに書くことないです。
もう少しテンポよく話進められるだろう・・・ 160分も見たことを後悔した。
タイタニックは3時間あっても面白いのに・・・



自分が平和ボケしてるからこんな風に思うんだろうか・・・ 
軍人に感情移入できなくて、映画中で盛り上がってるシーンで冷めてしまった。


サイトウという日本のお偉い人が最初はたくさん出てくるのに、途中から完全にモブキャラみたいになって、感情が全く読めなくて面白くない。自分よりも上手に橋建設をする英国軍人に対しての情けなさとか葛藤とか、そういうものを自分だったらもっと見せるかなあって思ったり。

名作らしいけど、とにかくうまく感情移入できなくて、面白いとは思えませんでした。
誰が主人公なのかわからないからかな。
この映画が作られた時代の人々の心には刺さったのかもしれない。



【思ったこと】
適度な長さ大切。
キャラが多いと誰に感情移入していいかわからなくなる。

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村