駆け出し脚本家の映画レビュー

鬼のように映画を分析していきます。

【★5】ローマの休日【立場の異なる者同士の禁断の恋】

超有名映画、ローマの休日を今更ながら初めて観ました。
タイトルしか知らず、しかも白黒映画。
全く期待してなかったんですが・・・




めっちゃ面白い。



タイトルだけで、どうせのほほんとした映画だろと舐めてた自分をぶん殴りたい。


以下ネタバレ注意




ストーリーを簡単にまとめると、

①貴族の生活に飽き飽きした王女が家出し、新聞記者のブラッドレイに出会う。
②ブラッドレイは金のために王女に優しく接し、スクープ写真を撮る。
③でも王女を好きになってしまい、最後は写真を売るのをやめる決断をする。
という話です(ざっくりしすぎかも)。


これぞ元祖、立場の異なる者同士の禁断の恋か・・・と心が苦しくなりました。


初めは金のことしか考えていなかったのに、
追っ手からうまく逃げ切った後、思わず王女にキスするブラッドレイ。
好きになってしまったという感情の変化がひしひしと伝わってきます。

それでも、
「キッチンのある家に引っ越そうかな」というブラッドレイのセリフに対し、
好きだけど絶対に結ばれないとわかっているからこそ、
「そうね」としか言えない王女。

はあ・・・
その後泣きながら2人で抱き合うシーンが切なすぎる・・・




【立場の異なる者同士の禁断の恋】
【自分の知らない世界を案内してもらう】

これだけ書くとよくある話なのに、この映画を見るとこのよくある話は全部ローマの休日を参考にして作られてるんじゃないかと思えるくらいに面白いです。


自分が生まれる前にこんなにすごいものが作られていたなんて。

オードリー・ヘプバーンかわいい。結婚したい。



また見たい。




【思ったこと】
立場の異なる者同士の恋は、障壁が大きいからこそ、当人も観てる側も心動かされる。
ブラッドレイみたいに当初の心情がだんだんと変化していくと、ストーリー的に面白い。 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村