読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け出し脚本家の映画レビュー

鬼のように映画を分析していきます。

【★2】戦場にかける橋

日本人の捕虜になった英国軍人が橋建設をおこなうも、別の英国軍人がその橋の爆破を命じられる話・・・
とくに書くことないです。
もう少しテンポよく話進められるだろう・・・ 160分も見たことを後悔した。
タイタニックは3時間あっても面白いのに・・・



自分が平和ボケしてるからこんな風に思うんだろうか・・・ 
軍人に感情移入できなくて、映画中で盛り上がってるシーンで冷めてしまった。


サイトウという日本のお偉い人が最初はたくさん出てくるのに、途中から完全にモブキャラみたいになって、感情が全く読めなくて面白くない。自分よりも上手に橋建設をする英国軍人に対しての情けなさとか葛藤とか、そういうものを自分だったらもっと見せるかなあって思ったり。

名作らしいけど、とにかくうまく感情移入できなくて、面白いとは思えませんでした。
誰が主人公なのかわからないからかな。
この映画が作られた時代の人々の心には刺さったのかもしれない。



【思ったこと】
適度な長さ大切。
キャラが多いと誰に感情移入していいかわからなくなる。

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村